介護老人保健施設 しょうわ
サイトマップ
サイト内検索

「家で死ぬ」

医療法人社団 心司会 基本理念

 人は生まれ出る時から、苦しみの中にある。

 四苦八苦。
 生まれること。老いること。病を得ること。死を必ず迎えること。
 愛別離苦。怨憎会苦。不具得苦。五蘊盛苦。

 今は心持ち良くとも、次には必ず苦しみが待っている。
 それでも人は生きつづける。与えられた時の中で精一杯の「今」を。

 人は家に棲み、日々を暮らす。「家」はその人の「生きざま」をあらわす。
 人は家で喜び、怒り、哀き、笑う。
 家で生き、生きた証として自分らしく、家で死を迎える。

 人が「生きる」とは、そして「死ぬ」とは。
 「家」を邪魔することなく見守り続け、それがいかなるものかを考え続けること。
 これこそ今、我々が行わなければならないことである。

 介護老人保健施設の理念で最も重要なことは、「在宅介護支援」です。当法人は「尊厳を持った介護」を使命と考え、その実現のために「家で死ぬ」という理念となりました。
 「家で死ぬ」という言葉は、単純に考えてしまえば「在宅死」ということになります。しかし法人理念でいう「家」とは、人の“生きざま”の凝縮された形であり、死という人生の終点まで、その人らしく生き、その人らしく最期を迎え、そしてその人の思い出を残された家族と共有することであると考えます。
 この理念を達成するためにあるのが3つの目標です。これまでの介護現場の常識を否定し、介護を受ける側の常識でものを考える「非常識な介護」、生活すべてがリハビリであるという考えから生まれた「24時間365日がリハビリ」、そして、みんなが笑顔で後悔なく最期を迎えられるように支援する「みんな笑顔で暮らしたい」。
 一人ひとりの“生きざま”に寄り添い、見守り、最期の瞬間を本人も家族も安心して迎えられるよう、支援し続ける…これが私たちの姿勢です。