介護老人保健施設 しょうわ
サイトマップ
サイト内検索

こんな症状ありませんか?

ご家族の言動に「おかしいな?」「今までとは何かが違うな?」と思ったことはありませんか? もし以下のような症状が見られたら、アルツハイマー型認知症の可能性も疑われます。もちろん、このような症状だけがあるからといって、すぐ「アルツハイマー型認知症」と診断されるわけではありません。一度、専門医にご相談されることをお勧めします。

  • 同じことを繰り返して聞いてくる。
  • 食べたことを忘れる。
  • 自宅にいるのに、「家に帰ります」と言う。出て行こうとする。
  • 財布に小銭がたくさん溜まっている。
  • 買い物に行くと、同じ物をたくさん買ってくる。
  • 鍋をよく焦がすようになった。
  • 料理の味付けが変わった。例えば味噌汁の味が濃くなったり薄くなったりする。
  • 一緒に暮らしている家族に、「あなたは誰ですか?」と聞いてくる。
  • 「財布を盗られた!」「通帳が無い!誰かが盗っていった!」と訴える。
  • 1人で外出して、帰ってこられない。
  • 夜になっても眠らず、家の中をウロウロと歩く。
  • タンスの中が乱れている。
  • お風呂に入りたがらない。
  • 季節にあった服装ができない(夏なのに厚着をしているなど)。
※下記のURLで認知症専門医の検索ができます。
  >> 日本老年精神医学会ホームページ