介護老人保健施設 しょうわ
サイトマップ
サイト内検索

19 初恋

 まだあげ初めし前髪の
 林檎のもとにみえしとき
 前にさしたる花櫛の
 花ある君と思ひけり

 やさしく白き手をのべて
 林檎をわれにあたへしは
 薄紅の秋の実に
 人こひ初めしはじめなり
 
 わがこころなきためいきの
 その髪の毛にかかるとき
 たのしき恋の盃を
 君が情けに酌みしかな

 林檎畠の樹の下に
 おのづからなる細道は
 誰が踏みそめしかたみぞと
 問いたまうこそこひしけれ

        (島崎藤村詩集より)

 初恋はひとしれず想い、往きてよろしくまた想う。
 日々想うことは伝え難く、時のみが往く。
 初恋はただ一度の想い。
 日々想うことは数限りなし。